LLC(ロングライフクーラント)

クルマのコンディションを維持する上で日常点検はとても大事になってきます。その中でも特に大事なのがエンジンを冷却している冷却水です。

エンジン冷却水は別名、LLC(ロングライフクーラント)といい、文字通りこれまでのクーラントよりもライフが長いのです。

その成分は、おもにエチレングリコールという不凍剤とオーバーヒートを防ぐための泡立ち防止や、沸点をあげることでオーバーヒートを押さえ、さらにエンジン内部の腐食を防ぐための防錆効果のあるものなど、様々な添加剤が含まれています。

一般的にこの冷却水はエンジンオイルのように頻繁に交換する必要がなく、走行距離だけでなく、時間の経過も交換の目安にされることが多いです。

現実的には車検の時に整備工場で検査と一緒に冷却水の抜き換えも依頼しておけば、ほとんどの整備工場は原液を在庫しているので、そのま抜き変えもしてくれます。ただし、抜き変えの方法は整備工場によって様々なので、もしも愛車についてかなりのこだわりがある方は、事前に抜き変えの方法について確認をしておいた方がいいでしょう。

抜き変えの方法で一般的なのがラジエーターのした側にある、ドレンコックという栓を外すことでラジエーターの液だけを抜き替えするやり方です。